【必要な初期費用は約50万円】私のカナダワーホリ費用!

こんばんは!ぽんです。

留学やワーホリって、一体いくらかかるの?

海外渡航を考えている人であれば一番心配になるのがお金のことではないでしょうか。

できるならば低予算で済ませたいと思いますよね?

私もなるべく安く行けないかと、ネットで情報を集めたり、留学エージェントに話を聞いてみたり、経験者の友人に聞いてみたりと、本当に色んなところから情報収集をしていました。

そうして私なりに予算を抑えてワーホリを実現させたわけですが、今回は、実際いくらかかったのか、私のワーホリ費用を公開して行きたいと思います!

初期費用は2ヶ月で約50万円

『2ヶ月で50万って高くない!?』

早速そう思った方も多いかもしれません、確かに安くない金額です。

もっと費用を抑えて渡航した人もいるかもしれませんが、海外渡航初めての自分自身が『これ必要だな』と思ったものだけをピックアップした結果、この金額となりました。

少なくとも通常の留学エージェントを使うよりは費用は抑えられているのではないかなと思います。

ひとまず、実際の内訳は下記の通りです。

初期費用の内訳(2ヶ月)

往復航空券(OPENチケット):16万円

語学学校(2ヶ月):19万円

ホームステイ(2ヶ月):13万円

ホームステイ手数料:1万6千円

空港からの送迎(初日):7千円

現地保険(2ヶ月):9600円(1日2ドル)

ビザ申請:1万5千円

 

=合計 約53万円(※1カナダドル80円計算)

今回私は現地無料エージェントを使用したので、通常の留学エージェントによくある、内訳のわからないサポート手数料などは特に発生していません。ホームステイの紹介手数料と到着時の空港送迎は手数料がかかりましたが、これは自分で手配するのも難しいし必要経費だと思って予算に組み込みました。

さて、ざっくり内訳をみた感じ、この中で目立って高額なものといえば語学学校とホームステイ代ですよね。ここが削れたら予算はグッと低くなります。でも、私は学校もホームステイも利用してよかったなと思っています^^

この辺りのお話も含めて、1つずつ細かく金額についてみていきましょう〜

費用を安く抑えるコツ

スポンサーリンク

無料エージェントという選択

『1人で海外生活は不安。だけど留学エージェントは手数料が高いからなぁ。』

そんな人には無料エージェントをオススメしたいです。

無料エージェントは、基本利用は無料で、学校の入学を希望する場合やホームステイ先を紹介してもらう場合の手数料など、自分が希望するオプションにのみ金額が発生するという仕組みになっています。

飛行機の手配やビザの申請などは自分で手続きする必要がありますが、ホームステイ・学校の手続き・空港送迎などが不要であれば手数料などのお金は発生しませんし、滞在中に困ったことがあれば相談したり、現地での治安情報や、シェアハウス・仕事探しなどの情報はどんどん聞けるので、かなりオススメです。

実際に、現地で知り合ったエージェントを使用していない友人に不測の事態が起きた際、相談に乗ってくれたのが私が使用していた現地無料エージェントでした。その際もしっかりと的確なアドバイスを頂けて、どうにかなりました。その際お金などは一切かかっていません。

勿論、エージェントを使わないという選択肢もありですが、海外生活に慣れていない人・何かあった時に自分で対応できるか不安だという人は、ぜひ現地の無料エージェントを検討してみるといいですよ^^

注意

無料エージェントによってサービスの内容は様々だと思いますので、何処にお金がかかってくるのかをしっかり調べてから利用を検討してみてください!

航空券は渡航時期で金額を抑えよう!

当たり前ですが、どこの国も観光シーズンの航空券は比較的割高です。

例えばカナダは夏季が観光のベストシーズンになっているのですが、11月などのオフシーズンに比べると、航空券の価格が5万円前後変わってくることもあります。なので、価格重視する場合は渡航時期は選んだ方がいいかもしれません。

私の場合は3月の渡航・エアカナダ使用・オープンチケット(復路日付を変更できるチケット)で、上記の16万円でした。片道航空券だともっと安かったと思いますが、入国審査時に復路のチケット有無を聞かれることもあるとのことだったので、英語が全くダメだった私は無難にオープンチケットを選択(笑)

実際の入国時には復路のチケット提示は求められませんでした。

語学学校・ホームステイは必要か?

『ワーホリ2回目だから現地での生活の仕方はわかる』

『語学には自信があるから別にホームステイも学校も必要ない!』

『英語喋れないけど、メンタル強いから大丈夫!』

という強者以外は、学校・ホームステイはオススメしておきます。

学校をオススメしたい理由は英語に慣れることと、友達ができるという点です。

見知らぬ地で1人というのは想像以上に心細いものです。私も現地へ到着して、学校へ通うまでは1人で街を探索していたのですが、共有できる友人がいないのは寂しいし、何よりも暇でした(笑)学校へ通い始めると自然と友達ができ、海外生活が一気に楽しくなったので、初めての方にはぜひ学校に通ってみてください!

次にホームステイをオススメしたし理由ですが、現地のリアルな生活を体験できるという点です。

現地の人と一緒に生活する機会なんて滅多にないですし、その国の文化や食生活など初めてがいっぱいで面白いですよ^^

ただし、利用期間に関しては1〜2ヶ月くらと、短くしておくのが得策です。

ホームステイをオススメしてはいますが、やはり当たりハズレがあるのも事実。私の場合はネイティブのお家でそれなりに良くしてもらったのでラッキーでしたが、周りの友人たちの中にはハズレを引いて苦労していた人もいましたので…

さらに20代でのワーホリだと外食をしたりすることも増えますので、そうなってくるとホームステイだと勿体無いです。なぜならホームステイ代には3食のご飯代が含まれているから。

生活に慣れるまでの1ヶ月だけ、など期間は短く設定しておいて、延長したければその時に申し出る。という形式で十分だと思います。

私も、もう1度ワーホリに行くとしたら、ホームステイはしないかなぁ。

海外保険は現地で入るべし!

【ワーホリ・留学】海外保険ってどれがいいの?〜私がカナダで選んだ海外保険をご紹介〜

こちらの記事にも書いていますが、現地保険の魅力は何といっても安さです。

勿論日本の手厚い保険に比べれば、補償内容はそこまで多くないですが、普通に生活するならこれで充分です。

私もカナダでは1日2ドルの現地保険に入っていました。盗難や持ち物の破損などは補償外でしたが、特に活躍する機会もなかったのでよかったです。

どうしても安くいきたいなら?

『もっともっと費用を抑えていきたい!』

その場合、削れるところは学校・ホームステイくらいしかありません。

が、上にも書いた通り、初心者さんには全然オススメしません。

もし学校には行かない、ホームステイではなくシェアハウスに住む、という人であれば、単純に20万円くらいお金が浮くことになります。ですが、出発前もしくは着いてからシェアハウスを探したり、いきなり仕事を探したりすることになると慌ただしいし、何より慣れていないと気持ち的にも大変です。

私もシェアハウスを見つけるのに約1ヶ月近くかかったので、なかなか難しいところですね。

シェアハウス探しの体験記はこちら⇩

【超苦戦!】私のシェアハウス探し体験記【カナダワーホリ】

まとめ

今回はワーホリ費用についてまとめてみました^^

色々と書きましたが、海外で滞在中にしかできないことや、行きたい場所もたくさん増えると思うので、資金にはなるべく余裕を持って行くのが一番いいです(笑)あんまりギリギリの費用で行くと仕事が見つかるまでは落ち着かないですしね…

費用を抑えることも大事ですが、向こうで楽しむことも忘れずに!

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です