海外旅行で気をつけたい防犯対策まとめ!

海外旅行に行く際、気になるのは防犯対策ですよね。

特にヨーロッパはスリや置き引きが非常に多いことで有名です。

ちょっと気を抜いたその瞬間に、大事な財布やパスポートが盗られてしまった!なんてことになったら、折角の旅行が台無しです。

というわけで今回は、海外で気をつけたい防犯対策について書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

手荷物編

①現金は必要最低限のみにする。

ヨーロッパやアメリカなどの街中であれば、大体のところでクレジットカードが使えるので、なるべく現金は持ち歩かないようにするのがベストです。クレジットカードは海外でメジャーなVISAかMASTERカードがオススメ。逆にJCBカードは使えないところが多いので、気をつけてください。

②財布は旅行用の物を使う。

海外旅行に行く時は、普段使っている財布は持って行かないようにしています。

なるべく小さめのものがベスト!さらにチェーンやストラップで鞄に固定しておくと安心感抜群です。

③現地で使う鞄は小さめショルダーがオススメ

リュックは荷物がたくさん入って便利なのですが、『リュックを背負っていて知らぬ間に鞄を開けられていた!』なんてことをよく耳にするので、個人的にはショルダーバックがオススメです。

人混みでは前にかけてしっかり防御できるのが良い^^

ヨーロッパ旅行にはサコッシュを持っていきました。軽いしカワイイしオススメです!

観光地で気をつけたいこと

 ①人混みを歩くときは荷物を前に持つ

有名な観光地はかなりの混雑が予想されます。そういった場面では荷物をしっかり自分の体の前で持ちましょう。特に地下鉄やバスを利用する場合は注意が必要です。

②ぼったくりに注意

レストランや出店などでも、ぼったくり被害に注意が必要です。

特に今回私が訪れたイタリアでは、ぼったくりレストランが多々あるようで、過去日本人の学生も被害に遭いニュースになっていたようです。こちらは、被害にあってしまうと警察に連絡するなどの対処しかできなくなるので、まずは被害に合わないようにすることが大事です。

レストランなどでの被害を未然に防ぐ為には、トリップアドバイザーなどの口コミが非常に役に立ちます。

美味しいご飯を食べるためにも、旅行前にある程度口コミなどを見て、入るお店を決めておくことをオススメします。

③ホテルでは金庫を使う

残念ながら、ホテルも安全ではありません。
ホテルに貴重品を置いていく場合は必ず金庫を使って下さい。

スーツケースにも鍵がついているから大丈夫!と思っているあなた。スーツケースは簡単に開けられちゃいます…
(⇩詳しくはこちらの記事をどうぞ)
【要注意!】イタリアで事件発生〜スーツケース壊された話〜【ヨーロッパ旅】

④話しかけてくる人は警戒する

悲しい話ですが、何やら話しかけてくる人には、まず警戒した方がいいです。
スリの中にはグループで犯行に及ぶ人もいて、1人が気をそらしている間に別の犯人が鞄から盗むといった手口も頻発しているようです。

気さくに日本語なんかで話しかけられると、日本人はすぐに反応してしまいがちです(みんな優しいからね)が、日本語で声をかけてくる時点でかなり怪しいと思って下さい。普通に日本大好きなイタリア人もいるでしょうが、わざわざ観光客を日本語で呼び止めてまで声をかけてくることはあんまりないと思います。

⑤なるべくポケットに物を入れない

日本ではよく、後ろのポケットなんかに財布やケータイを入れている人を見かけますが、これもスリの格好の餌食なのでやめておきましょう。

まとめ:慣れぬ地では常に警戒心を忘れずに!

というわけで今回は気をつけたい海外での防犯対策について書いてみました!

『まあ自分は大丈夫だろう』なんて思っていると、痛い目にあうかもしれません。折角の海外旅行を台無しにしない為に、旅行前には必ず防犯面も意識して準備して下さいね!

それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です